酒さ(赤ら顔)Rosacea

酒さRosacea

酒さとは

鼻〜頬を中心に、赤み・ほてり・ヒリヒリなどの刺激感、時にニキビのような発疹を伴う皮膚疾患です。中高年で発症することが多く、女性に多い傾向があります。脂性肌でありつつ敏感肌の要素を併せ持ちます。
明らかな発症原因は分かっておらず完全に治す治療法も確立されていませんが、悪化要因を避けながら、複数の治療法を組み合わせることで症状の改善が期待できます。
※酒さの悪化要因:アルコール・カフェイン・香辛料などの刺激物、寒暖差、摩擦などの物理的刺激、紫外線など

酒さの症状

酒さは女性に多いですが、第3度などの重症型は男性に多い傾向があります。

  1. 紅斑毛細血管拡張型:第1度酒さ
    顔全体の赤み、モヤモヤとした血管拡張
  2. 丘疹膿疱型:第2度酒さ
    ニキビのようなブツブツ
  3. 瘤腫型(鼻瘤):第3度酒さ
    ブツブツが大きくなり鼻が瘤のようになる
  4. 眼型

※実際にはこれらの病期が同時に起こることや移行することもあります。

酒さの原因

解明されていない部分も多い疾患ですが、遺伝的要素、皮膚の常在菌のバランスの乱れ、血管及び神経の反応亢進、毛包虫という寄生虫の増殖、などが関連しているとされます。
いずれにしろ一つの要因を除去すると完治するという病態ではなく、先に述べた悪化要因を避けつつ上手にコントロールする必要があります。

酒さの治療

治療法は確立されておらず、症状やその方の生活習慣や可能な通院頻度などに合わせて、治療法を検討します。効果が不十分な場合は複数の治療を組み合わせることもあります。
またスキンケアや日常生活での留意点に気をつけることも非常に大切です。

保険診療

内服薬(飲み薬)
抗生物質
通常の細菌感染症より長めに飲むことも多いです。単なる抗菌作用だけではなく炎症を起こす好中球の抑制などの効果を期待して使用します。
漢方薬
一部の漢方薬は酒さの赤みやほてりに有効とされます。

外用剤(飲み薬)
抗生物質
酒さのブツブツには、ニキビでも使われる抗生物質を外用します。
タクロリムス軟膏
通常アトピー性皮膚炎で使う薬剤ですが、酒さの赤み痒みなどに使用します。使い始めの数日〜1週間程度に独特の刺激・熱感を感じることがあります。

保険外の診療

酒さに関して有効とされる治療の中には、保険適応となっていないものもあります。 保険診療の範囲での治療で改善がない場合、自費での治療も行うことがあります。

赤ら顔に対して
光治療(IPL)
当院ではセレックVという機器を使用しています。 赤みへの治療効果の高い2種類の波長が同時に出るフィルターを用いて顔全体に照射を行います。 続けることで赤みだけでなく毛穴の開きなどの改善も期待できます。

セレックVの治療はこちら


ニキビ様のブツブツに対して
メトロニダゾール外用剤(ロゼックス®ゲル)
日本では酒さに対して保険適応となっていませんが、海外の多くの国では酒さの標準治療です。自費での処方薬となります。
アゼライン酸外用剤
海外では、酒さのブツブツやニキビの治療薬として使われています。日本では医薬品としての承認ではないため化粧品として購入する製品です。
ロゼックス®ゲル  5g 1,100円(税込)
AZAクリア(ロート製薬) 15g 1,980円(税込)

スキンケア・生活での留意点

酒さではスキンケアも重要な役割を占めます。敏感肌の要素も持つため、洗顔やスキンケアの際の摩擦は避けましょう。脂っぽく感じたりニキビのようなブツブツができるため脱脂力の強い洗浄料を好む方もいますが、洗顔で肌の保湿成分を取りすぎることは避けましょう。また温熱刺激で赤みやほてり痒みが悪化しますので、熱いお湯は避けてぬるま湯で洗うようにしましょう。 紫外線は悪化要因なので遮光が必要です。製品によっては(特に伸びの良いサラサラの製品には注意)刺激を感じやすい人もいるので、毎日使う日焼け止めは低刺激のものがおすすめです。 最初にも述べたように、酒さには「悪化要因」があります。悪化要因を全て避けることは不可能ですが、「○○の後に真っ赤になってほてりが悪くなる」など自分自身で感じている要因はできるだけ除去すると良いです。ただ温度差など避けようのないものに対して完全に避けようとしたり、悪化を気にし過ぎることはストレスとなります。慢性の経過をたどることが多い疾患ですので、無理のない範囲で悪化要因を避けて上手にコントロールしようというイメージで捉えていただくのが良いと思います。日常生活で不安なこと、悪化した気がするけどどうだろう?と思うことがあれば診察時にお尋ねください。

ご予約についてReserve

保険診療も予約優先当日30分前まで予約可

当院は「密にならない対策」として予約優先制としております。時間帯でのご予約をしていただく事で、院内での待ち時間の削減に努めています。
ご理解・ご協力のほどよろしくお願い致します。

診療予約
PAGE TOP