接触皮膚炎Contact dermatitis

接触皮膚炎Contact dermatitis

接触皮膚炎とは

何らかの物質が皮膚に接触することで、刺激やアレルギー反応を起こして皮膚が炎症を起こすことを接触皮膚炎(かぶれ)と呼びます。物質が接触した部分の皮膚に、かゆみや赤み、酷い時には腫れや水ぶくれが生じる事もあります。原因は様々で、身の回りにあるほぼ全ての物質が原因になる可能性がありますが、主なものとしては植物、金属、湿布などの貼り薬、化粧品やヘアケア用品、毛染め、香料、防腐剤、昆虫、などがあります。

湿布や時計など身につけていたところに症状が出た場合に原因がわかりやすいものもありますし、毛染めのように頭だけでなく顔や首など他の場所に症状が出てすぐには原因に結びつきづらいこともあります。

物質が皮膚に触れてかゆくなったからといって、即アレルギーと限りません。接触皮膚炎には、刺激性(非アレルギー性)とアレルギー性があり、この差は皮膚科専門医でも見ただけで必ず判断できるようなものではなく、問診・症状・治療の経過など十分な検討が必要です。

主な接触皮膚炎の原因・症状・治療

ピアスや時計など金属アクセサリー

ピアスや時計を装着した部分に赤み、水疱、炎症によるびらん、かゆみを起こします。アクセサリーに含まれる金属によって生じ、腫れるような強い症状が出る事もあります。疑わしい症状があった場合は、できるだけ早く皮膚科を受診しましょう。
ステロイド軟膏による治療を中心にして、かゆみが強い場合などでは抗ヒスタミン剤を処方します。ピアス穴などで細菌感染も起こしている場合には抗生物質が処方されることもあります。
アクセサリーでかぶれを起こしたからといって、必ずしも金属アレルギーとは限りません。まずは医師に相談してみましょう。アレルギーを疑った場合に原因の金属を調べるには、パッチテストという検査でアレルギー反応を確認します(金属アレルギーは血液検査ではわかりません)。頻度としては、クロム、ニッケル、コバルト、金などの金属のアレルギーが多いとされています。アレルギー反応を起こす成分がわかった場合は、それを含む他のアクセサリーなどでもかぶれを起こす可能性があり注意が必要です。


化粧品

化粧品に含まれる成分にアレルギーを発症すると、主に顔やその周辺に赤みやかゆみを生じます。軽い肌荒れ程度の症状から始まる事も多く意識しないうちに徐々に悪化し色素沈着・腫れるほどの症状を起こすこともあります。治療は他の湿疹同様、ステロイド軟膏による治療が中心ですが、かゆみや赤み、腫れなど症状が強い場合には抗ヒスタミン剤や時にステロイドの内服を短期間行うことがあります。

化粧品が原因である可能性を疑った場合は、どの化粧品が合わないのか調べるために、使用していた化粧品を使ってパッチテストを行います。なぜ化粧品を中止するだけではなくパッチテストを行う必要があるかというと、化粧品を他のものに変更したとしても、自分にとってアレルギーを起こす成分が、変更した化粧品にも含まれている場合には、他の化粧品に変えても同じ症状を起こす事になるからです。

化粧品によるアレルギーを強く疑うような症状や検査の結果が出た場合には、その化粧品に含まれる成分の中のどの成分が合わないのかを調べるためのより詳しいパッチテストをお勧めする事もあります。ただし、この検査は成分の準備などにも非常に手間がかかり、また患者様も何度も通院が必要となるため、化粧品が原因のアレルギーである可能性が高いと判断した場合にのみ、手順を踏んで行っています。初診時に調べたい化粧品を全部お持ち頂いても検査はできませんので、ご了承ください。

スキンケア相談はこちら


毛染め

毛染めを繰り返し行うことで、毛染め剤に対してアレルギーを発症することが知られています。黒髪が多数を占める日本人では加齢による白髪が目立ちやすいため白髪を染める文化が広く浸透しています。
こういったアレルギーは生まれた時から持っているものではなく途中から発症するもので、10年以上問題なく毛染めをしていた人でもある時からアレルギーを発症する事があります。アレルギーは一旦発症すると慣れたり治ったりはしないので、その物質との接触を避ける以外には方法がありません。避けずに毛染めを続けると徐々に症状が強くなります。またさらに悪化した際には、全身に広がるような強いアレルギー症状を発症する事もあるのが毛染めアレルギーの特徴です。
先に述べた理由により毛染めアレルギーは日本人には多いので、毛染めアレルギーの原因として最も多い成分の検査薬が準備されています。当院では、このような物質との接触により起きるアレルギー(アレルギー性接触皮膚炎)の検査であるパッチテストを積極的に行っております。
思い当たる方はぜひ一度ご相談ください。


毛虫

毒を持つ毛虫の毛が皮膚に触れてかぶれている状態です。ツバキ、サザンカ、サクラ、ウメ、ツツジ、茶の木などに生息するドクガ、チャドクガ、モンシロドクガの幼虫によって起こります。毛虫が発生する時期は地域によりますが、東京周辺では4月や9月に多いとされています。露出している肌に赤い丘疹が散らばるようにできて、強いかゆみを生じます。また、衣服を脱ぐ際に散らばった毛が胸や背中について症状を起こすこともあります。毛虫のいる可能性が高い場所へ行く・庭木の手入れをする際などでは、長袖・長ズボンを着用してください。帰宅したらすぐに服をそっと脱いでシャワーを浴び、脱いだ服は洗濯しましょう。また庭木の手入れでは毛虫の退治と脱皮した抜け殻の除去も重要です。
治療はステロイド軟膏の外用を中心としてかゆみが強い場合や広範囲に症状がある場合には抗アレルギー剤の内服薬を処方します。


パッチテストについて

接触皮膚炎(かぶれ)の中でもアレルギー性を強く疑う場合に、そのアレルギーの原因物質を確かめるために行う皮膚アレルギーの検査です。化粧品や金属など身の回りの物質との接触によるアレルギーをアレルギー性接触皮膚炎といい、これを調べる検査がパッチテストです。
パッチテストは患者様にとっては通院回数が多く医療機関側にとっては手間がかかる検査のため積極的に行っている施設が多くありません。そのためこれらのアレルギーを疑った際にも血液で調べるアレルギー検査が行われているケースがありますが、アレルギー性接触皮膚炎の原因は血液検査では調べられません。
同じ「アレルギー」という単語が用いられるため混乱されやすいのですが、まず花粉症や食物アレルギーなどのⅠ型(即時型)アレルギーと、アレルギー性接触皮膚炎などのⅣ型(遅延型)アレルギーは全く別物で、症状も行う検査も異なります。
皮膚に接触して起こる皮膚の炎症に対しての検査は、実際に皮膚に物質を貼って反応を見る「パッチテスト」が唯一の検査となります。

当院では皮膚アレルギーの専門診療科に在籍した経験から、化粧品によるトラブルなどアレルギー性接触皮膚炎に悩む患者様が関連性の低い血液検査を行っただけで終わりにならないよう、このパッチテストという検査の必要性がもっと世の中に知られてほしいと考えております。
パッチテストは患者様の通院回数の多い(1週間の間に3-4回来院が必要)検査です。当院では患者様のご都合とよく相談・検討して検査スケジュールを組んでいます。
また保険診療においては、単に「調べてみたい」という理由だけで検査を行うことはできません。問診内容や皮膚症状からパッチテストを行う必要があると医師が判断した場合にのみ、検査を行います。

【ご注意ください】
パッチテストは、広範囲にアレルゲンとシールを貼って丸2日間過ごす必要があり、夏季に行うことが難しい検査です。
仮にご本人様が「暑くても大丈夫」とお考えでも、汗やシールかぶれで検査結果が完全に不明となることがあります。
大学病院などでは夏季は入院で行うこともある検査であり、当院ではパッチテストは夏季は行っておりません
10月以降再開予定です。
夏季のアレルギー性接触皮膚炎の診療に関しては、検査項目の検討や検査日程の相談、検査部位(通常は背中)に皮膚症状がある場合はその治療、などを行います。

パッチテストの手順

  1. 【検査当日】検査対象物を専用テープで背中に貼り付けます。
  2. 【貼ってから2日後】テープを剥がして皮膚の状態を確認します。
  3. 【貼ってから3-4日後】と【貼ってから約1週間後】の2回結果判定を行います。疑っている原因物質にもよりますが、特にアレルギーの場合では剥がして何日も経ってから赤みなどの検査所見が出てくるので、剥がした日だけの皮膚を確認してもアレルギー検査としての意義は低くなります。
    最後の判定の日に、検査所見と所見から今後何に注意して生活すべきかを説明します。
    ※結果が100%はっきりわかる検査はなく、パッチテストも同様です。患者様のご意志にもよりますが、結果によっては日を改めて再度検査を行う事もあります。ご了承ください。

パッチテストに関するご注意

テープを貼ってから2日後の剥がすまではテープを貼っている部分を濡らす事ができません。
当院では検査薬の上に貼る防水のテープを販売していますので、これを用いて洗髪だけや下半身のみのシャワーなどはOKとしています。
貼っている部分の内部に汗が溜まったりテープがよれたりすると正しい判定ができなくなるため、検査中は激しい運動を避けて頂く必要があります。
※夏季はパッチテストは行っておりません。

ご予約についてReserve

保険診療も予約優先当日30分前まで予約可

当院は「密にならない対策」として予約優先制としております。時間帯でのご予約をしていただく事で、院内での待ち時間の削減に努めています。
ご理解・ご協力のほどよろしくお願い致します。

診療予約
PAGE TOP