粉瘤(皮膚腫瘍)Skin tumors

粉瘤(皮膚腫瘍)Atherome, other skin tumors

粉瘤とは

粉瘤は、表皮のう腫・アテローマ・アテロームとも呼ばれ、皮膚の内側に皮膚と同じ構造の袋ができて内部に皮膚の垢(角質)や皮脂が詰まっている皮膚腫瘍です。ドーム状の盛り上がりや皮膚の下のしこりとして触れることがあります。ニキビと間違われたり、脂肪の固まりと呼ばれたり、脂肪腫と間違われることも多いのですが、全く異なる皮膚疾患です。サイズは数ミリから数センチと幅があり、徐々に大きくなります。皮膚の下にできるので、小さいうちは気づかないこともあります。身体のどこにでもできる可能性がありますが、できやすい部位は顔、首、背中、おしり、耳の後ろなどです。

盛り上がりの中心には開口部があり、黒い小さな点が確認できることがあります。また、この開口部から独特の臭いを発することがあり、臭いが気になり自分で中身を絞り出している人もいます。

袋が皮膚の内部で破裂したり、細菌感染を起こしたりしたことで炎症を起こしたものは、炎症性粉瘤・感染性粉瘤などと呼ばれます。炎症を起こすと痛みや腫れなどを生じ、中に膿が溜まっている場合には切開して膿を出す処置が必要です。

粉瘤自体は良性腫瘍ですが、感染を起こしたりサイズが大きくなったりすると治療がより困難になる(切除の痕が大きくなる)可能性があるため、目立つ部分にできた場合は早めに摘出をお勧めします。

治療法

炎症が強い場合や化膿している場合には、早めに切開して膿や内容物を排出して炎症を鎮めます。抗生物質の内服を行う事もあります。根本的な治療は、手術で、当院では局所麻酔による日帰り手術が可能です。
粉瘤を表面の皮膚ごとメスで大きく切り取って縫う方法では傷が大きくなってしまうため、「くりぬき法」という最小限の切開で粉瘤だけを摘出する手術を可能な限り行うようにしています。この手法を用いることで、治療後の傷跡が小さくなり、目立ちにくくなります。

くりぬき法

円形のメスのような手術器具で粉瘤に小さな穴を開けて粉瘤の内容物を絞り出し、袋をしぼませてからぬき取る手法です。ほとんどの場合、縫合の必要もないほど小さな穴で手術が可能で、大きく切開するのに比べると手術後の傷跡が目立たなくなります。全ての粉瘤がこの手法で可能なわけではありません。当院では、くり抜き法と通常の切除とでより適切と考えた手術法をお勧めしています。
また大きさや部位によっては、他院を紹介することもあります。

よくある質問

粉瘤と脂肪腫は違うものなのですか?

粉瘤は皮膚と同じ組織の袋状の構造が皮膚〜皮下にかけてできる腫瘍で、本来なら皮膚表面にあるはずの垢と皮脂が袋の内部に徐々に詰まっていきます。
一方、脂肪腫とは、皮膚の下にある脂肪細胞が増殖してできた皮下腫瘍ですので、粉瘤と脂肪腫は全く別の疾患です。
どちらも根治方法は手術ですが、腫瘍の存在する深さや構造が違うので、手術方法も少し異なります。皮下腫瘍である脂肪腫は、時にその下の筋肉の深さにまで腫瘍の一部が入り込んでいることもあり、当院では脂肪腫の切除は原則的には行っておりません。


粉瘤は自然に治りますか?

粉瘤は自然治癒することが少なく、膨らみがなくなっても皮膚の下にある袋状の組織が残り、残っていると再発する可能性があります。炎症を起こした際に切開して膿を出しただけだと、袋自体はなくならないため再発する可能性が高くあります。粉瘤の根治治療は、摘出手術です。


粉瘤摘出後に再発はありますか?

外科的摘出術やくりぬき法で粉瘤を袋ごと完全に摘出できた場合は、再発がほとんどありません。ただし、炎症を繰り返していると、粉瘤の袋の一部が周りの組織と癒着していたり、粉瘤の袋のかけらが広範囲に散らばっていて取り切れず、再発する可能性がまれにあります。

粉瘤以外の皮膚腫瘍

顔のいぼ、ぶつぶつ

顔面によくできる小さな腫瘍には、脂漏性角化症(老人性)、扁平疣贅(ウイルス性)、汗管腫、稗粒腫などがあり、治療法も異なります。正確な診断をせずに除去することはお勧めしません。必ず皮膚科を受診して診断し、適切な治療を受けましょう。


軟性線維腫(アクロコルドン、スキンタッグ)

軟性線維種は、皮膚の表面から飛び出ている軟らかい良性腫瘍です。首や脇の下によくできる1-2㎜程度のものをアクロコルドンやスキンタッグと呼びます。やや褐色を帯びたものや、皮膚と同じ色のものが多く、衣類などの慢性的な刺激や加齢によって生じるとされています。
基本的に放置しても問題のない腫瘍ですが、大きくて邪魔なもの、こすれて痛みがある場合や、衣類の線維が引っかかって気になる場合などでは、切除や冷凍凝固法での除去が可能です(保険診療)。
ほとんど飛び出ていないごく小さいアクロコルドンが気になる場合は、レーザー治療でその部分だけを細かく焼灼して取ります(自費診療)。


ウイルス性イボ(尋常性疣贅)

幼い子供の発症が多い手足のいぼで、小さな傷からヒトパピローマウイルスが入ることが原因です。痛みなどはほとんどなく、大きさは数㎜から1㎝程度ですが、足の裏などで集まって多発して数㎝ほどになることがあります。少し触っただけで感染することはありませんが、隣り合っている指にうつったりすることもあり、自然に治る事も多くはないため、液体窒素で患部を壊死させ除去する治療(冷凍凝固法)を行います。


ほくろ

悪性かどうか不安に感じるほくろがある場合は、皮膚科専門医の診察を必ず受けましょう。ダーモスコープという検査機器を用いてほくろを詳細に観察します。昔からあるほくろでも急に大きくなったなど異変を感じたらお早めにご相談ください。
大きくて邪魔なもの、衣類などが擦れるような場合には、局所麻酔での日帰り手術も可能です。小さくて盛り上がりのないほくろは、レーザーでの治療も行っています。お悩みのほくろがある場合には、一度ご相談ください。

ほくろの治療について


赤いほくろのようなできもの

加齢とともにできる小さな赤い血豆のようなできものは、老人性血管腫です。良性腫瘍ですが、擦れたり引っかかって出血しやすいなどの場合には、切除やレーザー治療が可能です。

ご予約についてReserve

保険診療も予約優先当日30分前まで予約可

当院は「密にならない対策」として予約優先制としております。時間帯でのご予約をしていただく事で、院内での待ち時間の削減に努めています。
ご理解・ご協力のほどよろしくお願い致します。

診療予約
PAGE TOP